更年期の体重増加に悩む女性のための効果的なダイエット

更年期に体重が増えてしまうことは、この時期に女性ホルモンの分泌が低下することが一つの原因であると考えられています。そのホルモンの一つにエストロゲンと呼ばれるものがありますが、これには脂肪の燃焼を促進する働きがあります。そのエストロゲンが減少してしまうことによって、脂肪が燃焼されにくくなり、結果として余分の脂肪を蓄えやすくなってしまうのです。つまり、太りやすくなってしまうというわけです。さらに、この時期になると当然のこととして、若い時期と比べて体の基礎代謝量が低下してしまいます。基礎代謝量とは、簡単に言うと、生きていくために必要とされる内臓などの働きに使用されるエネルギーのことと言うことができます。この基礎代謝量が低下することも、太りやすい体質になる原因の一つと言えるでしょう。このように太りやすくなる時期であるだけに、気になる体重増加を防ぐためにも、是非とも効果的なダイエットでより健康的な生活を実現させたいものです。もちろん、ダイエットに励むと言っても、決して外見が気になるからというだけではありません。更年期の肥満は若い頃の肥満と違って、内臓脂肪型の肥満がほとんどであると言われています。つまり、内臓に脂肪が溜まってしまうために、お腹が出てしまうタイプの肥満なのです。この状態を放っておくと、動脈硬化のリスクを高める結果になってしまうため注意が必要です。こうした病気のリスクを減らし、健康的に生活できるようにするためには、正しいダイエットが不可欠なのです。この時期の、気になる体重増加に対処するためには、まずどのくらいの減量が必要なのかをチェックすることから始めましょう。必要以上にダイエットしてしまうと、健康を損ない、この時期特有の辛い症状を悪化させてしまうことにもなりかねないからです。

自分の身長や体重を基に、どのくらいの減量が必要かが分かったなら、その目標数値に向けて努力しましょう。更年期の気になる体重増加に対処する効果的なダイエット方法として、有酸素運動があります。有酸素運動は、ついてしまった内臓脂肪を燃焼させるのにたいへん効果的な方法です。もちろん、運動のために時間を取り分けることは簡単ではありません。それで、普段の生活の中に有酸素運動を取り入れてみることができるでしょう。例えば、駐車場に車を停める時にはできるだけお店から離れたところに停めて歩くようにする、エレベーターやエスカレーターを使う代わりに階段を使うといった少しの心がけで、ダイエットに効果的な有酸素運動を行なうことができるでしょう。また、この時期に体重の増加が気になる女性の方は、是非とも自分の食生活を見直してみましょう。もちろん、極端な食事制限は健康を損なう恐れがあるため勧められていませんが、若い頃と同じように食べていたのでは太りやすくなってしまうことはまず間違いないと言ってよいでしょう。それで、できるだけ高カロリーの食品を避け、野菜中心の食事にすることができます。また、よく噛んでゆっくり食べるようにするなら、満腹感を得ることができ、腹八分目に抑えることができるでしょう。さらに、前述しましたように、更年期の時期には女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうものです。このエストロゲンが肥満と大きな関わりを持っているため、エストロゲンを増やすような心がけを行なうことが必要です。そのために、エストロゲンと同じような働きをするローヤルゼリーやイソフラボンを意識的に摂取することができます。加えて、この時期の女性にとってダイエットの強い味方とも言える別の要素は、質の良い睡眠です。良質の睡眠をしっかり取るようにするなら、女性ホルモンの分泌が促され、効果的なダイエットにつながることでしょう。

健康的に体重を減らしたい女性のためのダイエット

痩せたいとの強い願望のもとに、正しくないダイエットをしてしまう女性は少なくありません。それらの女性の多くは、それほど太っていないのに、あるいは実際にスリムな体型をしているのに、自分は太っている、もっと体重を減らさなければと考えるようです。そして、自分にとって非常に気になる体型を変えようと、極端なダイエットに走ってしまうのです。その結果、摂食障害を引き起こしてしまうことがあります。これは精神疾患の一つで、拒食症や過食症と呼ばれている症状が含まれます。実際、拒食症を患っている女性はたいへん多いと言われています。拒食症とは、極端な食事制限や絶食を繰り返し行なうことによって、体が食べ物を受けつけなくなってしまう病気のことです。もう一つの過食症という病気を患う人は、自分でコントロールすることができないほどの量を食べてしまいます。それでも、太りたくないという非常に強い願望があるため、食べては吐く、または下剤を使って出すといった行為を繰り返します。こうした摂食障害は、極端で無理なダイエットを行なうことから始まると言われています。しかし、いったんこの種の病を患ってしまうと治すのに非常に長い時間がかかってしまうものです。それで、今の体重が気になる方、もっと痩せたいと願っている方は、是非ともより健康的なダイエットをするよう心がけましょう。そのためには、まず過剰な食事制限をやめることが必要です。理想的なダイエットの基本は、毎日三食の食事をきちんと食べることです。ついつい食事の回数を減らしたくなりますが、健康的に痩せるためには三度の食事は欠かすことのできない大事な要素なのです。朝食は苦手だという人もいますが、朝食は一日のエネルギー源ともなるたいへん重要な食事であるため、朝食をしっかり取るなら、太りにくい食生活を送ることになります。

このように、摂食障害にならないよう、より健康的なダイエットを行なうためには、一日三食を基本として、朝食、昼食、夕食の食事バランスを考えて食べるのが大切なポイントです。朝は多くのカロリーを取っても、一日の活動によって消費されてしまいます。また、朝しっかりカロリーを取るなら、活動的な一日を送る力ともなります。是非、朝食をしっかり食べる習慣を身に着けるようにしましょう。また昼食もしっかり食べるのが、体重が気になる女性が健康的なダイエットをするポイントとなります。仮に、昼食の量を制限してしっかり食べないとすれば、夜までもたない、つまり途中でお腹が空いて我慢できなくなり、間食をしてしまう確率が高くなるでしょう。特にデスクワークをしている人などは、常に頭を使っているため、しっかり食べないなら、糖分が不足して頭がよく働かなくなってしまうことさえあるでしょう。また、体や頭の疲れを感じ、甘いものを欲するようになり、ついつい食べてしまうということにもなりかねません。こうした事態を避けるためにも、昼食はしっかり食べるようにしましょう。さらに、昼にしっかり食べておくなら、夕食までの間に極端に空腹になることはないでしょう。結果として、夜のドカ食いを避けることができるのです。体重の増加が気になる女性にとって、より健康的に行なうことのできるダイエットの別のポイントは、脂肪として蓄積されやすい夜の食事に気を配ることです。たとえ、夕食をいくらヘルシーにしたとしても、満腹感が得られなかったり夕食に満足できないようであれば、寝る前についつい食べたくなってしまうことでしょう。こうした状況にならないためには、夕食を工夫する必要があるでしょう。例えば、玄米にして腹持ちをよくすることができます。同じ野菜でも、食べ応えのある野菜を選ぶなら、満腹感や満足感が得られ、健康的なダイエットができるようになるでしょう。

女性の出産後の体重とダイエット

出産後の体重が気になるという人も多いでしょう。妊娠中は体重が増加してしまうのですが、産後もなかなか元に戻らないことがあります。しかし、出産直後は体力が落ちているため、体に無理な方法で痩せることができません。過度な食事制限をすると母乳の質が下がってしまいますし、授乳中はしっかりと栄養を摂る必要があります。それなら産後はどのように痩せたら良いのかについて知っておくと良いでしょう。妊娠・出産は命がけの作業であり、女性の体には大きな変化をもたらすということです。妊娠中はホルモンバランスが乱れるため、脂肪がつきやすくなったり、むくみやすくなることもあります。出産が終われば元に戻るのかと期待していたけれど、腹筋が弱ってお腹がたるんでしまうこともあるのです。産後は赤ちゃんの世話が大変ですし、体調も良くないのでダイエットを行うのは大変です。産後に効率よく痩せたいという場合、さまざまな方面からアプローチして無理のない方法を選んでいくことが大切です。ちなみに、母乳は血液に溶けている栄養が乳房の中にある毛細血管へ浸透して作られるのですが、赤ちゃんに母乳を飲ませるだけで1日600kcalを消費すると言われています。また、脂質や糖分が多い食事は母乳を詰まりやすくさせるため、母乳で育児をしていると食事内容にも気を付ける必要があります。バランスの取れた食生活を送ることで体重減少に繋がりますし、母乳育児をするだけでダイエットできたという女性も多いです。母乳を作るためには水分が必要となるため、産後は便秘になってしまうこともあります。寒天はゼロカロリーで食物繊維が豊富な食品であり、産後の便秘で悩んでいる人におすすめです。お腹が空いた時におやつ代わりに食べると腹持ちを良くすることができますが、同じ食品ばかり食べていると栄養が偏ってしまうため、あくまでおやつとして食べるようにしましょう。

出産後の体重は気になるものなのですが、バランスの取れた食生活を送ることはもちろん、適度な運動もダイエットのためには必要です。産後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんも一緒に外出できるようになるため、ベビーカーを使った散歩をすると良いでしょう。散歩やウォーキングのような有酸素運動には脂肪を燃焼する効果があります。産後は筋肉が落ちて体力も無くなっているため、体力を回復するためにも定期的なウォーキングを行うのがおすすめです。また、外の新鮮な空気を吸ってゆっくり景色を見ながら歩くことにより、育児の疲れをリフレッシュすることもできるでしょう。女性は出産をすると骨盤が広がってしまうのですが、産後3~4ヶ月程度で少しずつ元の位置に戻っていきます。しかし、もともと骨盤が歪んでいる場合、骨盤が元の位置に戻ることができませんし、血流が悪くなって太りやすくなってしまうのです。骨盤を整えたいという場合、骨盤ベルトを習慣的に身につけたり、マッサージを行うなどといった方法が効果的です。また、補正下着には歪んだ骨盤を元に戻すことができますし、ボディラインを元に戻す効果が期待できます。着ているだけで効果がありますし、育児に追われている女性でも気軽に続けられるでしょう。しかし、補正下着といってもいくつかの種類がありますし、時期によっては着られるものと着られないものがあるため、体調に合わせた補正下着を選んでいくことが大切です。無理に締めつけると体にかかる負荷が大きくなりますし、逆効果となってしまうので注意しましょう。慣れない育児はストレスが溜まってしまうのですが、ストレスが溜まってしまうと暴飲暴食してしまうという人もいます。それによって体に脂肪がつきやすくなることもあるため、ダイエットのためには意識してストレスを解消するようにしましょう。適切な体重に戻すことは大切なのですが、無理なダイエットをすると体に悪影響が出てしまうこともあります。

生理前に体重が増加してしまう女性に効果のあるダイエット

どんなに頑張ってダイエットしても、生理が来る前になると体重が増加してしまうという女性は決して少なくないでしょう。一般的に言って、生理前に体重が増えることには、月経前症候群が関係していると言われています。月経前症候群と言えば、頭痛や胸の張り、腰痛、疲労感、いらいらなど、実にさまざまな症状があります。こうした症状を引き起こす主な原因は、生理の前に卵巣から大量に分泌される黄体ホルモンにあると言われています。この黄体ホルモンには、これから来る生理や妊娠などに備えて、体に栄養を蓄えようとする働きがあります。そのため、体に水分や塩分などが蓄積されやすくなり、脂肪の代謝が低下するために、体重が増えやすくなるのです。さらに、黄体ホルモンの分泌によって血糖値が下がるため、それを上げようとして食欲まで増進されてしまうと考えられています。それで、生理が来る前の時期、気になる体重の増加を防ぐためには、どうしても効果のあるダイエットを行なわなければならないでしょう。そのためには、食欲を上手にコントロールしなければなりません。と言っても、ひたすら我慢すればよいということではありません。食べたいのに我慢していると、余分なストレスが溜まり、体調不良を引き起こすことがあるからです。また、単に食べる量を減らすとしたら、血糖値が極端に下がるため、やはり健康にはよくないと言えます。そこで、そんな女性に効果のあるダイエットとして勧められているのが、食物繊維をしっかり摂れる食事を心がけることです。例えば、白米の代わりに玄米にするなら、食物繊維を豊富に摂れることに加えて、満腹感もあるため食べ過ぎを避けることができます。また、カボチャやサツマイモなども、満腹感を得られると同時に便秘の解消にもなるため、生理前の女性にとって効果的なダイエットとなるでしょう。

さらに、生理前の体重増加に悩む女性にとって効果のあるダイエットとして、利尿作用のある食品を積極的に摂るという点を挙げることができます。例えば、ホウレン草や切り干し大根、納豆などに多く含まれているカリウムには、体から余分な水分を排出する働きがあります。そのため、カリウムを豊富に含んだ食品を摂取することによって、気になるむくみを解消することができるようになるでしょう。ここで、ダイエットに大敵とも言われる食品をいくつか紹介しましょう。一つは、インスタント食品です。これらの食品には塩分が非常に多く含まれているため、むくみを引き起こしやすくする作用があるからです。ほかにも甘いものや亜アルコールなどがあります。生理が来る前の時期は特に、これらの食品を控えることによって、むくみを解消し、体重増加を抑えることができるでしょう。また、多くの女性にとって生理が来る前の時期は、とかく運動不足になりやすいものです。しかし、体重の増加を抑え、効果的にダイエットしたいと思うなら、適度な運動は欠かせません。特に、ウォーキングやサイクリング、ストレッチなどの有酸素運動を積極的に行なうようにしましょう。こうした運動によって、脂肪が燃焼しやすい体を作ることができるようになり、ダイエットにつながることでしょう。もちろん、この時期にかなりハードな運動を急激に行なうならば、かえって月経前症候群を悪化させてしまうことがあります。それで、少し汗ばむくらいの程度の有酸素運動を行なうことができるでしょう。さらに、生理前の時期には体全体の血行も悪くなる傾向にあります。そのため、ぬるめのお湯にゆっくりつかって体を温めて血行を良くしてあげるなら、血液の循環を良くすることができ、結果として、気になる体重増加を効果的に防ぐことができるようになるでしょう。