生理前に体重が増加してしまう女性に効果のあるダイエット

どんなに頑張ってダイエットしても、生理が来る前になると体重が増加してしまうという女性は決して少なくないでしょう。一般的に言って、生理前に体重が増えることには、月経前症候群が関係していると言われています。月経前症候群と言えば、頭痛や胸の張り、腰痛、疲労感、いらいらなど、実にさまざまな症状があります。こうした症状を引き起こす主な原因は、生理の前に卵巣から大量に分泌される黄体ホルモンにあると言われています。この黄体ホルモンには、これから来る生理や妊娠などに備えて、体に栄養を蓄えようとする働きがあります。そのため、体に水分や塩分などが蓄積されやすくなり、脂肪の代謝が低下するために、体重が増えやすくなるのです。さらに、黄体ホルモンの分泌によって血糖値が下がるため、それを上げようとして食欲まで増進されてしまうと考えられています。それで、生理が来る前の時期、気になる体重の増加を防ぐためには、どうしても効果のあるダイエットを行なわなければならないでしょう。そのためには、食欲を上手にコントロールしなければなりません。と言っても、ひたすら我慢すればよいということではありません。食べたいのに我慢していると、余分なストレスが溜まり、体調不良を引き起こすことがあるからです。また、単に食べる量を減らすとしたら、血糖値が極端に下がるため、やはり健康にはよくないと言えます。そこで、そんな女性に効果のあるダイエットとして勧められているのが、食物繊維をしっかり摂れる食事を心がけることです。例えば、白米の代わりに玄米にするなら、食物繊維を豊富に摂れることに加えて、満腹感もあるため食べ過ぎを避けることができます。また、カボチャやサツマイモなども、満腹感を得られると同時に便秘の解消にもなるため、生理前の女性にとって効果的なダイエットとなるでしょう。

さらに、生理前の体重増加に悩む女性にとって効果のあるダイエットとして、利尿作用のある食品を積極的に摂るという点を挙げることができます。例えば、ホウレン草や切り干し大根、納豆などに多く含まれているカリウムには、体から余分な水分を排出する働きがあります。そのため、カリウムを豊富に含んだ食品を摂取することによって、気になるむくみを解消することができるようになるでしょう。ここで、ダイエットに大敵とも言われる食品をいくつか紹介しましょう。一つは、インスタント食品です。これらの食品には塩分が非常に多く含まれているため、むくみを引き起こしやすくする作用があるからです。ほかにも甘いものや亜アルコールなどがあります。生理が来る前の時期は特に、これらの食品を控えることによって、むくみを解消し、体重増加を抑えることができるでしょう。また、多くの女性にとって生理が来る前の時期は、とかく運動不足になりやすいものです。しかし、体重の増加を抑え、効果的にダイエットしたいと思うなら、適度な運動は欠かせません。特に、ウォーキングやサイクリング、ストレッチなどの有酸素運動を積極的に行なうようにしましょう。こうした運動によって、脂肪が燃焼しやすい体を作ることができるようになり、ダイエットにつながることでしょう。もちろん、この時期にかなりハードな運動を急激に行なうならば、かえって月経前症候群を悪化させてしまうことがあります。それで、少し汗ばむくらいの程度の有酸素運動を行なうことができるでしょう。さらに、生理前の時期には体全体の血行も悪くなる傾向にあります。そのため、ぬるめのお湯にゆっくりつかって体を温めて血行を良くしてあげるなら、血液の循環を良くすることができ、結果として、気になる体重増加を効果的に防ぐことができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です