女性の出産後の体重とダイエット

出産後の体重が気になるという人も多いでしょう。妊娠中は体重が増加してしまうのですが、産後もなかなか元に戻らないことがあります。しかし、出産直後は体力が落ちているため、体に無理な方法で痩せることができません。過度な食事制限をすると母乳の質が下がってしまいますし、授乳中はしっかりと栄養を摂る必要があります。それなら産後はどのように痩せたら良いのかについて知っておくと良いでしょう。妊娠・出産は命がけの作業であり、女性の体には大きな変化をもたらすということです。妊娠中はホルモンバランスが乱れるため、脂肪がつきやすくなったり、むくみやすくなることもあります。出産が終われば元に戻るのかと期待していたけれど、腹筋が弱ってお腹がたるんでしまうこともあるのです。産後は赤ちゃんの世話が大変ですし、体調も良くないのでダイエットを行うのは大変です。産後に効率よく痩せたいという場合、さまざまな方面からアプローチして無理のない方法を選んでいくことが大切です。ちなみに、母乳は血液に溶けている栄養が乳房の中にある毛細血管へ浸透して作られるのですが、赤ちゃんに母乳を飲ませるだけで1日600kcalを消費すると言われています。また、脂質や糖分が多い食事は母乳を詰まりやすくさせるため、母乳で育児をしていると食事内容にも気を付ける必要があります。バランスの取れた食生活を送ることで体重減少に繋がりますし、母乳育児をするだけでダイエットできたという女性も多いです。母乳を作るためには水分が必要となるため、産後は便秘になってしまうこともあります。寒天はゼロカロリーで食物繊維が豊富な食品であり、産後の便秘で悩んでいる人におすすめです。お腹が空いた時におやつ代わりに食べると腹持ちを良くすることができますが、同じ食品ばかり食べていると栄養が偏ってしまうため、あくまでおやつとして食べるようにしましょう。

出産後の体重は気になるものなのですが、バランスの取れた食生活を送ることはもちろん、適度な運動もダイエットのためには必要です。産後1ヶ月を過ぎると赤ちゃんも一緒に外出できるようになるため、ベビーカーを使った散歩をすると良いでしょう。散歩やウォーキングのような有酸素運動には脂肪を燃焼する効果があります。産後は筋肉が落ちて体力も無くなっているため、体力を回復するためにも定期的なウォーキングを行うのがおすすめです。また、外の新鮮な空気を吸ってゆっくり景色を見ながら歩くことにより、育児の疲れをリフレッシュすることもできるでしょう。女性は出産をすると骨盤が広がってしまうのですが、産後3~4ヶ月程度で少しずつ元の位置に戻っていきます。しかし、もともと骨盤が歪んでいる場合、骨盤が元の位置に戻ることができませんし、血流が悪くなって太りやすくなってしまうのです。骨盤を整えたいという場合、骨盤ベルトを習慣的に身につけたり、マッサージを行うなどといった方法が効果的です。また、補正下着には歪んだ骨盤を元に戻すことができますし、ボディラインを元に戻す効果が期待できます。着ているだけで効果がありますし、育児に追われている女性でも気軽に続けられるでしょう。しかし、補正下着といってもいくつかの種類がありますし、時期によっては着られるものと着られないものがあるため、体調に合わせた補正下着を選んでいくことが大切です。無理に締めつけると体にかかる負荷が大きくなりますし、逆効果となってしまうので注意しましょう。慣れない育児はストレスが溜まってしまうのですが、ストレスが溜まってしまうと暴飲暴食してしまうという人もいます。それによって体に脂肪がつきやすくなることもあるため、ダイエットのためには意識してストレスを解消するようにしましょう。適切な体重に戻すことは大切なのですが、無理なダイエットをすると体に悪影響が出てしまうこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です